桜が舞い、厚手のコートを脱ぎ始める季節。そう、新学年が始まります。
新学年になると、これまでの気持ちがリセットされ、新たな気持ちで物事に打ち込む人が増えてきますね。その気持ちになる高校生や大学生たちはこのタイミングでアルバイトを始めますね。
1点だけここで不安な気持ちが生まれます。

「アルバイトを始めようにも、もともとアルバイトしてる人たちは、もう仲良しでその輪に入れない・・・」

そういった声をたくさん聞きます。
アルバイトを始めるということは、「新卒として会社に入社する」「転職して新しい会社に入社する」という気持ちと似ています。

そのような人たちにおすすめなアルバイトジャンルがありますので、今回はそのアルバイトジャンルについてお話させていただきます。

オープニングスタッフバイトとは

「オープニングスタッフ」

この言葉はアルバイトを始めようとする人であれば、1度は聞いたことがあると思います。
オープニングスタッフとは、新店舗などでのアルバイトを募集のことです。
「みなさーん、アルバイトを初めて募集しますよー。みんな0スタートですよ」ということです。

つまり、何が言いたいかと言いますと、みんな初めてそのバイトでの経験がなく、募集していっしょに盛り上げましょうということです。

ワクワクしてきませんか??

オープニングスタッフのメリット

オープニングスタッフの究極のメリットと言えばこれです。

バイト仲間同士で仲良くなりやすい

オープニングスタッフバイトの募集で集まった人たちでお店などをオープンさせるということになるので、全くの見知らぬ人同士で作り上げることで、結束力が強固になりやすいです。

アルバイトは基本見知らぬ人同士で集まり、お仕事をするわけですが、オープニングスタッフバイトの決定的な違いは、みんながみんな知らない人であることです。
つまり、仲良くなりやすいです。

そして、さらにすごいのが、いっしょに0から作り上げていくという達成感からか、男女の出会いが恋愛に発展しやすいです。

バイト仲間同士で一斉にスタート

求人を見て、あとからバイトに応募し、バイトを始めるとなると、もともとバイトで働いている人とは仕事のデキが全然違います。飲食店に行くときに、ベテランのバイトとペーペーのバイトとがいて、対応/仕事内容が全然違うという光景を見たことがありませんか?
そのペーペーを自分に当てはめてみてください。

「え・・・きつい・・・同じスタートラインに立てたらな・・・」

と思いませんか?
それを実現させてくれるのが、オープニングスタッフバイトです。
みんなが仕事内容を0から覚え、学び、仕事をしていくという同じスタートラインに立つことができます。
※もちろん実力差は出てしまいます。

オープニングスタッフのデメリット

メリットがあるものにはデメリットもある。それはこの社会では何事にも当てはまります。
オープニングスタッフバイトにももちろんデメリットはあります。ただ、それをデメリットと捉えるかどうかはあなた次第です。

オープン前の店舗や仕事内容がわからない

オープニングスタッフというだけあって、もちろんオープン前のバイト募集のため内装や仕事内容が一切わかりません。バイト情報サイトで念入りに調べる必要がありますね。
ただ、新規オープン店舗でのオープニングスタッフ募集が比較的多いため、内装はキレイであることが多いです。

オープニングスタッフはとにかく忙しい

通常の仕事中のバイト内容がそこまで決まっているわけではないため、オープニングスタッフとして初めて仕事をすることになるので、とても大変です。お店のオープン前作業などもありますので、慣れない仕事も多いかもしれません。

それが「オープニングスタッフのやりがい」といえるかもしれません。
自分たちで自分たちのお店を立ち上げて運営するというところにつながるので、それもまた魅力の1つですね!

オープニングスタッフバイトの探し方

オープニングスタッフバイトの探し方ですが、バイト情報誌で探すことや友達に聞くということもありますが、一番早い方法は、インターネットでバイト情報サイトから探すことです。

<バイトルで探す>
バイトル
CMでも話題の「バイトル」というバイト情報サイトで検索してみるのがおすすめです。
バイトルのサイトの右上にフリーワード検索窓がありますので、そこで「オープニングスタッフ」と検索してみてください。関東で検索したところ、約6,000のオープニングスタッフバイト情報がありました。自分の住んでいる地域や学校の近くで最適なアルバイト情報がないか探してみてください。

⇒バイトルでオープニングスタッフバイトを探す